医療費控除と確定申告を考えましょう

医療

医療費控除と確定申告を考えましょう

暦年で医療費が一定金額以上かかると申告所得税の確定申告をすることで、負担した医療費に対応する所得税が軽減されます。
その金額は一般的には10万円を超えた場合ですが、所得金額が200万円未満ですと、所得金額の5%となります。
負担した医療費からこれらの金額を差し引いて、他の所得控除に加算して所得税を計算します。
注意が必要なのは、医療機関に支払ったからと言って全てが医療費控除の対象とはならないことです。
例えば、美容や整形のための費用、人間ドックの費用、健康増進や病気予防のための薬代などです。
人間ドッグはその結果疾病が発見され治療が必要な場合は例外的に対象になります。
申告所得税の確定申告で医療費の領収書を添付するか提示することで適用されます。
確定申告が必要な人は納める所得税が軽減されます。
サラリーマンなどで、年末調整をすることで確定申告の義務がない人は、確定申告をすると年末調整で勤務先を通じて税務署に納めた所得税の還付を受けることができます。

最新記事